1:武将ステータス

ステータスの説明

武力

部隊指揮力や、腕っ節のよさを意味します。個人的な武力というよりは統率力といった点で見たほうが良いでしょう。戦略時は城壁の補修で活躍します。

知力

武将個人の頭のよさを示します。計略の成功度や計略防御に影響を与えるもので、戦略時は技術や謀略で活躍。その勢力でもっとも高い数値になると軍師に任命されます。

政治

武将個人の政治力を示します。戦闘には全く無関係ですが、治安や開墾・あるいは商業などの内政面や朝廷・使者・降伏勧告など外交面で威力を発揮します。

魅力

武将個人の魅力を示します。部隊の負傷度や統治力、武将個人間の付き合いだとか、太守や君主であれば収入に影響します。君主であれば配下武将の忠誠度の上がり具合や登用成功度までも影響します。

性格

何を重視して行動するかを示します。内政偏重・軍備偏重・バランス内政型・バランス軍備型など。他にも謀略をメインに考える人や私利私欲に励む人、あるいはまるでやる気がなく重要な仕事に就けられるのを嫌がる人もいます。

人物観

自分以外の人を判断する時に何を重視するかです。名声値が高い有名人を重視する人。無名でも能力があれば良い仕事に就ける人。薄情な人間を集めて徒党を組む人。その時の気分で色々かえてしまう人がいます。

一族

同族を表します。あまり意味のあるステータスではなさそうです。

父親や母親です。叔父や叔母などの関係で繋がっていれば最初から知己(親密度21)になり、親子関係があれば敬愛(親密度81)の状態から始まります。

野望

武将個人の野望度を示します。これが高い武将は何につけてもやる気があり積極的ですが、他人の言うことを聞かなかったり勝手に独立したりします。君主などの重要な役職についている人間は高めです。

義理

武将個人の義理人情度を示します。これが高い武将はめったなことでは裏切らず、恩を恩と感じます。低い人は口調も荒々しく変わりますが、仕える君主によってはこの値が低いほうが重用されます。

勇猛

武将個人の勇猛度を示します。一騎討ち時の攻撃力や突撃回数、あるいは突撃耐性に影響します。呂布や張飛といった猛将は高めに設定されています。

冷静

武将個人の冷静度を示します。一騎討ち時の防御力や計略防御力、あるいは反撃確率に影響します。張遼や趙雲といった勇将は高めに設定されています。

相性

武将の相性を示します。0と150を同じとする円形のグラフ上に数値分だけ離れて配置されており、近い武将は友好度が上がり易く登用も成功しやすいです。(※詳細は次講

寿命

武将の寿命を示します。0から7まであり、この値が少ない武将はある年齢に到達すると死亡します。呪いを受けるとマイナス1、延命措置を受けるとプラス1。

仕官

同一勢力への仕官年数を示します。仕官年数が長いと特別に恩賞がもらえたりするなど良いことが多いので、なるべく君主は変えない方が良いでしょう。

功績

今まで立てた勲功を示します。他勢力での功績もなぜか勘定されるので注意。功績値が上がると上位の品官につくことができ、俸禄や導入可能兵士数が上昇します。

名声

武将個人の名声度を示します。これが高いと名声重視の人間と付き合いやすくなり、名士10選に入ると仙人から特技が授与されたり褒美金3000が入ったりします。

勝利回数

勝ち戦に何度参加したかを示します。これが高い方が数々の戦で有利に働き、一定回数を越えると「常勝」という称号が得られることがあります。

敗北回数

負け戦に何度参加したかを示します。一定回数を越えると「死神」という称号が得られることがあります。

虎狩り成功回数

虎狩りに何度成功したかを示します。これが高い方が虎狩りが有利に働き、一定回数を越えると「虎殺し」という称号が得られることがあります。一定条件を満たすと聖獣を入手できます。

一騎討ち勝利回数

一騎討ちに何度勝利したかを示します。これが高い方が一騎討ちが有利に働き、一定回数を越えると「神槍」という称号が得られることがあります。

漢詩大会優勝回数

漢詩大会で何度優勝したかを示します。一定回数を越えると「詩仙」あるいは「詩聖」という称号が得られることがあります。

武術大会優勝回数

武術大会で何度優勝したかを示します。一定回数を越えると「鬼神」あるいは「国士無双」という称号が得られることがあります。

嫌いな武将

その武将が嫌っている武将です。この武将から接触があった場合、手紙を除く訪問や登用その他を完全に断ります。

ステータスについて

マスクデータに注意

通常ステータス画面で見ることができるものは武力や知力などの基本的なステータスのみです。その武将が壮士なのか軟弱者なのか、あるいは冷静沈着なのか血気盛んなのかはすぐには分かりません。これはゲーム中に起きる「武将の噂」イベントでプレイヤー自身が情報を覚えておかなければなりません。

ゲームに大きく影響するマスクデータは、重要な役職についた時に徐々に分かってきます。特に軍師になった時にはその勢力の太守(あるいは君主)と人物評のようなものをしますが、この時語りかけてくるCPUの評価はマスクデータに基づいた判断になるので、彼らの意見と合えば、マスクデータについてある程度は理解できていることになります。

義理高さの見分け方

義理が高い武将は君主を「我が君」と呼びます。逆に義理が低い武将は君主を「殿」と呼びます。役職を外された時に嫌な顔をする武将は義理が低い(薄情)か、野心が高い(自尊心が高い)と言えます。あまり不平を漏らさない武将はその逆です。

野心家の武将は太守に命じると〔独立〕や〔寝返〕を実行することがあります。よほどのことが無い限り配下を根こそぎもっていかれるようなことはありませんが、日頃の言動から怪しいと思われる武将は重役に就けないようにしましょう。

遺伝

呂布や曹操のような特殊武将の資質はその子孫にも遺伝するようです。曹操自身は良いとして、たとえば曹植は能力値自体はそれほど高くないにもかかわらず、漢詩大会での勝率がかなり高いです。なんらかの底上げが働いていると思います。

また呂布の子孫(登録武将で作成できます)は、ある程度武力を上げてしまうと、発動が困難なはずの奥義を連発します。同程度の武力をもった張飛や関羽が太刀打ちできないくらいなので、こういった特殊武将には何らかの恩恵があるのかもしれません。

Copyright(C)2003-2005 KOEI Co.,Ltd. All Rights Reserved.