4:良くある質問

はじめに

ここでは三国志Ⅶをすすめるにあたって頻繁に出てくるであろう疑問やよくある質問に対しての簡単な解答・方針・指針を載せていきます。

武将能力編

能力はどうやったら上昇するのか

経験値を積んで100にすることで能力値が上昇します。この経験値は訪問や巡察、あるいは戦闘中の攻撃や計略などでも上がり、特に鍛錬をしなくてもどんどん上がっていきます。経験値の上昇速度は武将のタイプによって異なり、猛将系の武将が知力や政治を選択してもそれほど上昇することはありません。

また武将のステータスを大いに左右する「性格」については先天的なものなので変更できません。従って呂布はいつまでも血の気が濃いですし、劉禅はいつまでも臆病です。程普は軍事を重視しますし、左慈はまるでやる気がありません。

特技はどうやったら取得できるのか

武将の個性をあらわす「特技」は、他人を交えずに単独で鍛錬するか、自分よりも対象能力が高く、かつ親密度の高い武将を訪問することによって発生する「特技伝授」を成功させることで新規取得できます。

鍛錬によって取得できる特技はその鍛える能力によってある程度決まっています。知力を鍛えれば穴攻。武力を鍛えれば乱射など。無双や一騎などの高レベル特技は鍛錬で取得するのは困難で、評価や富豪といったレア特技は鍛錬では取得できません。

訪問イベント「特技伝授」を成功させるには、いくつかの条件を満たす必要があります。まず相手の能力値が自分よりも高いこと。自分がその特技を知らないこと。特技と能力が一致すること。以上の条件を満たした状態で親密度の高い武将に魅力が高い武将が訪問すれば、一定の確率で手持ちの特技を教えてもらうことが出来ます。

なお訪問イベント「特技伝授」では通常特技も高レベル特技も関係なく取得できます。武力なら一騎・無双、知力なら神算・鬼謀。政治は良く分かりませんが魅力なら医術などが取得可能です。

アイテム収集編

アイテムはどうやったら入手できるのか

持ち主が決まっているアイテムは、奪います。決まっていないアイテムは、商人から買うか巡察で手に入れてください。レアアイテム聖獣は聖痕がある武将であれば虎狩りで入手できます。入手不可アイテム(消滅アイテム)はシナリオを変更するなどで対処してください。

アイテムには、手放さないアイテムと手放しても良いアイテムの二種類があります。たとえば劉備は雌雄一対剣を手放すことは嫌がりますが、的盧には愛着が無いので一騎討ち大会や褒美などでもらえることがあります。

アイテムを奪うにはどうすればいいのか

君主であれば、捕縛時に殺害するか支配時に没収するこで奪えます。軍師であれば朝廷が「アイテムを所望」してきた時に「是」とすることで流通ルートに乗せる事が出来ます。それ以外の方法で他人のアイテムを奪うことはできません。

対強敵編

名馬所持武将を捕まえるにはどうすれば良いのか

曹操や呂布などの名馬所持の強敵は逃がしたくないもの。彼らを捕まえるには一騎打ちで捕らえるのが有効です。特に曹操のように「武力は高いが一騎は持っていない武将」であれば張飛や関羽を一人向かわせれば簡単に討ち取れます。呂布のような暴威の武将は夏侯惇・夏侯淵・典韋・許褚・張遼といった猛将で一気に畳み掛けてください。

一騎討ちに持ち込むにはどうすればよいのか

血の気の濃い武将なら頻繁に申し込むだけで応じます。冷静な武将がなかなか応じない場合は兵力を極端に減らして一騎討ち受諾率を上昇させてみましょう。あるいは混乱状態に持ち込んで判断を誤らせるのも有効。混乱状態は混乱や妖術、あるいは兵力が低い状態での反撃で作り出せます。

猛将に一騎討ちで勝つにはどうすればよいのか

武力が高く、一騎所持の武将で囲んで一斉に一騎打ちを仕掛けましょう。一人目が敗北したら体力が回復しないうちに二人目。三人目。四人目…と次々に仕掛けます。全員で打ちかかっても勝てなかった場合はさらに強い味方をかき集めてみてください。たとえ相手が呂布であれ、関羽・張飛・趙雲・馬超・黄忠の全員を相手にして全て勝利することは難しいはず。

人材収集編

人材はどうやったら集まるのか

自勢力を広げ、君主を鍛えることでその勢力に仕えたいと思わせることが重要です。自分が君主の場合は積極的に名声と魅力を高めましょう。あとは相性次第でどんどんど人が集まります。

他国から人を引き抜く場合は知力の高い人材を集めましょう。それからおもむろに治安の低い都市(往々にして前線は治安が下がりやすい)を探し出し、計略「流言」をかけつづけます。これを半年から一年程度続ければその都市にいる武将の大半が君主に愛想を尽かすので、登用で引き抜きます。

人材引き抜きのスペシャリストはやはり君主勢です。孫一族なら孫堅・孫策・孫権あたりが味方にいるだけで集め易くなります。同様に曹勢力なら曹一族。劉勢力なら劉備周辺の人間を手に入れましょう。

戦闘編

どのように戦うのが良いのか

相手よりも多い兵力を用意します。兵士数が多いだけでは駄目で、戦闘に向かない文官は入れずに将軍系と武将系と軍師系で整えます。凡夫や文官をやむを得ず戦列に加えなければ成らない場合は拠点制圧などの後方支援に回しましょう。

兵科は何が良いのか

反撃を受けない連弩か、戦闘力の高い重騎馬です。象や歩兵や弩兵は他に選択肢がない場合のみ。軽騎兵は罠探しのエキスパートとして、あるいは計略戦で役に立ちます。

どの特技を重視するべきか

無双と反計。及び水軍を重視します。参謀であれば鬼謀と神算を所持していること。この二つの特技は他の特技との組み合わせて強力な策を出すことができ、一発逆転の落雷や速攻戦術の神速、長期戦の仙術など、戦闘を有利に運ぶ強力な策が狙い目です。

進軍ルートはどうするのが良いのか

包囲殲滅。確固撃破。遊兵を作らないようにまとまって行動し、敵の援軍が到着した場合は敵本国部隊は無視して援軍の殲滅に向かう。常に士気を高い状態で維持し、次々と敵を蹴散らして味方の損害を控える。罠にかからないように罠探しを行う。

防衛戦ではどうするのが良いのか

包囲、正面突破、迂回などの戦法を成功させないように各拠点を護りつつ、地形効果を最大限に利用して戦う。 特に川や海などの地形効果に雲泥の差が出る場所は有効に使えばかなり強い。水軍未所持の強敵は川に落として陸から囲む。

天下統一編

国力を充実させるにはどうすればよいのか

徴兵は最後の手段と心得え、最低限の兵力さえ満たしたら治世に務めます。特に11月と12月は治安回復を重視し、年明けの民増加率の向上を期待しましょう。国が富めば自然と国力は高まります。なお兵士は巡察でも増やせます。

隣国に攻め込まれるのが怖い場合は友好度を高めましょう。

勢力を拡大させるにはどうすればよいのか

CPUを信頼し、なんでもかんでも自分で処理しないように心がけます。もし自分が君主であれば治世や委任を使い分けて富国強兵策を推し進めます。また他勢力の情報をあつめるために諜報を欠かすことなく、行けると思ったら前線に兵力を一気に集めてください。軍事思考の太守なら次々と敵国を奪い取ってくれます。

Copyright(C)2003-2005 KOEI Co.,Ltd. All Rights Reserved.