三国志Ⅶ

三国志Ⅶとは

株式会社光栄から発売されている歴史シミュレーションゲーム「三国志」シリーズの7作目です。PC版・PS版及びPS2版と発売されており、タイトルは同じですが、内容としてはPS2版がもっとも盛り沢山であり、カスタマイズ性としてはPC版がもっとも優秀です。

現在廉価版が市販されており2000円程度で入手可能。当コンテンツではPC版を扱います。

三国志Ⅶの特徴

好評を続けている個人プレイを特化。従来の三国志が君主のみの単純国取り合戦だったのに対し、個人プレイシリーズでは当時の一人の武将として三国志の世界を生き抜いていきます。

他の個人プレイシリーズとの違い

単純で分かり易いという点が挙げられます。三国志Ⅷのような特殊なイベントはあまりありませんが、システムが分かり易く単純明快なので、シミュレーション系が苦手な人でも気楽に遊べます。

PC版とPS2版の違い

PS2版はPC版に比べて登場人物が多く、シナリオも豊富です。PC版自体には7つのシナリオしか入っておらず、残りのシナリオは公式サイトでDLすることでプレイできます(有料)。具体的には黄巾賊の動乱や、荊州の弱小四君主のシナリオがPC版には入っていません。

PC版の利点

PCを所持しているという前提ですので、武将データの交換などの交流がオンラインで盛んに行われています。また改造ソフト(※非公式)なども各種出回っており、より深く楽しみたい人は自分であれこれいじり倒すことができます。映像やサウンドも秀逸です。

PS2版の利点

シナリオをあらたに購入しなくても最初から全部入っています。また項羽や劉邦といった隠し武将も入っているので彼らを呼び起こすことも可能です。マシンスペックを気にしなくて良いというメリットもあるかもしれません。

Take Back the WEB
Copyright(C)2003-2005 KOEI Co.,Ltd. All Rights Reserved.