良くある質問と回答

システムなど

データの引継ぎはありますか

はい、あります。全主要武将の幕舎データが引き継がれます。

隠し要素はありますか

隠しアイテムや隠し武器や隠しキャラのことでしたら、ありません。検証済みです。

武器・アイテム

猛将伝だけでレベル4武器は揃いますか

はい。列伝モードで入手可能です。

猛将伝だけでレアアイテムは揃いますか

はい。揃います。

新しいアイテムについて教えて下さい

列伝モードに関しては以下7点のレアアイテムが追加されています。玉や鐙は増えていません。

玄武秘石
一定数撃破ごとに防御力上昇
飛龍甲
チャージ攻撃中にジャンプでキャンセルが可能になる
乱舞極書
無双乱舞の攻撃力が飛躍的に上昇する
氷結凍矢
確率で敵を凍らせる氷矢を発射できる
吸気甲
敵の攻撃をタイミングよくガードすると体力回復
饅頭袋
ドロップアイテムのランダム計算で饅頭を10〜20%の確率で出現させる。ランダム計算ではない場合は無関係。
神獣蹄
自軍(自部隊?)の動物の戦闘力が上がる
幕舎で武器が強化できると聞きました

列伝などで入手できる強化アイテムを使用することで武器を強化することが可能です。最初からついている能力と基本攻撃力を上昇させられます。ただし、能力を変更したりユニーク武器を強化したりということはできません。

レベル20以上にならないの?

なりません。

攻撃力は40まで?

ゲーム規定値では40でストップがかかるようになっています。

運の意味が分からんのですが

わたしも良く分かりません。

汎用剣と戟と槍はどこに?

大剣と細剣はエディット武将作成時に選択可能。無双3の時にあった三種の武器は、今回は立志の初期武器で存在するもののみ。大破天戟などの高レベル汎用武器は、データが存在しないので出てきません。

レベル5武器があると聞きましたが

中のデータを閲覧したところ、存在が確認できませんでした。今回レベル5武器はありませんので、ガセ情報に乗せられないようにしましょう。

ステータス

ステータスの最大値って?

体力ゲージが400、無双ゲージと基本防御力は200、基本攻撃力は200を基本軸としています。準備画面におけるステータスはアイテムや武器の性能を足したものなので体力ゲージは800、無双ゲージ・基本攻撃&防御は400がリミット(ゲーム規定値)となります。戦闘中のステータスについては最大値がどこまでなのかは分かりません。

ステータスが最大なのに攻撃力だけ足りない(準備画面)

武器攻撃力が40に満たない場合はその分だけ攻撃力の限界値も低くなってしまいます。理論上全ての基本ステータスが最大になるのは無双方天戟を装備できる呂布と呂布モーションのエディット武将のみ。

騎乗・間接攻撃力ってどうやって決まるの?

攻撃系のステータス全般が影響しています。武器の「重量」が重ければより破壊力も増しますし、白虎牙などの装備アイテムを利用して基本攻撃力を底上げすれば、それだけ騎乗・間接攻撃によるダメージも増加します。もちろん背水護符の影響も受けますし、戦神の斧による攻撃力2倍の恩恵も受けることが可能です。

馬や象の跳ね飛ばしの威力ってどうやって決まるの?

それぞれ乗り物によって固定値が決められています。武将のステータスはたぶん影響していないかと。

馬上攻撃力の計算手順は?

武将の基本攻撃力に武器の攻撃力と白虎牙などのおまけ攻撃力を足した基本戦闘力[A]に、各武将が持つマスクデータ「馬術」の補正(±20%まで)をかけ、それによって得られた数値[B]に武器重量による加算・減算処理(±20%)を行ったものが最終的な馬上攻撃力[C]となります。

間接攻撃力の計算手順は?

武将の基本攻撃力に武器の攻撃力と白虎牙などのおまけ攻撃力を足した基本戦闘力[A]に、各武将が持つマスクデータ「弓術」の補正(±20%まで)をかけ、それによって得られた数値[B]に武器重量による加算・減算処理(±20%)を行ったものが最終的な間接攻撃力[D]となります。

羌族角と黄忠弓の効果は何?

各武将が持つマスクデータ「○術」の補正をかけるときの補正率を上昇させます。上昇率は体感ですが2(%/Lv)で、理論上、武将補正が1の場合は攻撃力を480まで上昇させることができます。

もっとも真・三国無双4猛将伝における防御計算方式がどのようなものになっているのかは分からないので推測値にすぎません。実際はもっと難しい計算をしていると思います。

仙丹の効果って何なの?

各チャージ攻撃の固有戦闘力に対して補正をかけます。数値は体感で2(%/Lv)程度。全てのチャージ攻撃に有効というわけでは無く、たとえばCR(C3ではなくCR)は仙丹の補正が効きません。また甄姫のJCなどはチャージ攻撃ではなく無双乱舞として考えるので、(理論上は)仙丹の効果も及ばないはずです。

移動力とか跳躍力はどうなってる?

各武将毎に決まっています。足が速そうな武将はやっぱり速いです。

特殊な攻撃

属性の違いは?
炎玉によるチャージ攻撃や真・無双乱舞、あるいは火矢などで発動する。彼我の戦闘力には左右されず対象者の体力を秒速20〜30程度減らしつづける(初速は秒速10程度)。受身を取られたりよろめき大〜中が完了すると消化。呂布のC3のようによろめきの大きい攻撃や、周瑜のようなコンボ時間数が長い武将と相性が良い。
氷玉によるチャージ攻撃や一部武将の真・無双乱舞、あるいは氷矢などで発動する。彼我の戦闘力には左右されず地上耐性の対象者を50%以上の確率で凍結(確率は使用時の環境に大きく影響されるのでさらに上がることもある)。凍結中は身動きが取れない上に被ダメージが倍増する。通常は一定時間経過で解除されるが、極端に攻撃レベルの高いものをあてると残り時間に関係なく解除される。
陰玉によるチャージ攻撃などで発動する。発動率は100%だが、無双ゲージが溜まっていた時の完全発動と、無双ゲージ自体が無い時の不完全発動がある。完全発動の時は敵の体力に応じて無双ゲージを消費しつつ一撃死効果を出す(武将に対しては割合ダメージ)。
陽玉によるチャージ攻撃で発動する。ガードをほぼ完全に無効化することができる。
一部武将の真・無双乱舞で発動する。詳細は不明。
龐統のみが使用できる特殊属性。詳細は不明。
同一属性の武将毎の優劣は?

基本的には無いものと考えて良いですが、一部で炎属性による体力減少速度に食い違いがあり、これが各武将のマスクデータによるものか偶然か(あるいは単なる勘違いか)を調査中です。

受身の取れない攻撃がある?

あります。通常攻撃や名乗りチャージ、ジャンプチャージなどの地震攻撃など。

ガードできない攻撃がある?

あります。呂布のC1や諸葛亮のC3など。馬や象の跳ね飛ばしも防御できませんし、爆弾やはじき返しもガード不能攻撃に当たります。

なお貂蝉のC6や典韋のCSを密着状態で放つと高い確率でガード不能になりますが、これは攻撃ポイントが敵の後背に生まれたことで「後方部分からの攻撃はガードできない」ために起こる現象であり、それぞれの攻撃がガード不能攻撃であるという意味ではありません。

属性が固定された攻撃がある?

あります。甘寧のCSや関平のC6など。玉による属性変更も無効化されます。

立志モード

そもそも立志って何?

真・三国無双3Empiresのような共闘感をウリにした、全く新しいモードです。戦国無双が師匠の元でただひたすら修行に励んでいたのにたいし、真・三国無双4猛将伝では兵卒の身で魏呉蜀のいずれかの武将に着いていきなり乱世に飛び込みます。

ステージは基本的に固定。魏呉蜀のそれぞれの歴史的な戦いに参加していきます。上官や戦略次第で戦地が変わったりするかもしれません。引き抜き、埋伏、裏切りなど勢力を移動するシステムもあります。感情移入してみたい人にはちょっといいかも。

立志モードはいままでの無双モードとはかなり違います。

たとえば自軍部隊移動ポイントで歩行あるいは軍団長と接触することで移動スピードが最大化する行軍指揮や、体力の少ない武将が領域内にいれば周囲の味方の体力を100回復させる補給指揮、あるいは強敵と交戦中などに攻撃力を倍増させる戦闘指揮などなど…。無双3Empiresあるいは無双4でプレイヤー以外が使っていた戦闘技能を自分で使用できます。

さらに戦場に伏兵を配して敵を一網打尽にしたり、後方に兵を配しておいて自軍軍団長の後退時に追撃してきた敵将に逆襲したり、あるいは迂回して自軍の後背をつこうとする敵部隊を撤退に追い込んだりということも可能です。戦闘は刻一刻と変化するのでそれに対応するだけでも頭を使います。爽快感とはまた別の楽しみがありますので、合う人にはとことん合うと思います。

立志とエディットの違いが分からん

ほぼ同じことです。立志モードをクリアした名も無き武将は、その後エディット武将として継続して使用することが可能です。そのときの武器およびモーションは、立志モードクリア後にある「最終武器選択」時に決めたものになります。初期武器は選択不能。

立志のような成り上がりを経験せずにいきなり0から武将を作成することも可能です。特に大剣や細剣のように上官からもらえない系統の武器を使用したいならエディットカスタマイズで0から作成したほうが良いでしょう。

なお、顔はさておき防具は立志モードのクリア状況によって変わります。初期状態では簡単なものしか装備できませんが、袁紹のような大将軍モデル、諸葛亮のような宰相モデル、戦国無双の織田信長のような魔王モデルなど沢山揃っていますので、まずは立志で遊んでからのほうが面白いかも。もっとも防具の色や種類は後から変更できます。

立志のメリットって何だ?

エディット武将を新規に作成すると初期能力+弱い武器ですが、立志を経験した武将はかなりのステータスではじめらます。さらに、本編や外伝でいくら逆立ちしても入手できそうにも無い凄まじい能力を持ったレベル3武器をもらえたりするので、普通にエディット武将を新規作成するよりも有利です。その分時間はかかりますが。

立志中のスキルは何かに影響する?

しません。多分。

修羅モード

修羅モードとは?

限られた制約の中で次々とステージをクリアしていき、どこまで記録を伸ばせるかを競うモードです。

武器システムはどうなってる?

武器は系統武器を一つだけ持っていき、これを鍛えることで強化していくものとなっています。ただし武器レベルは3まで。攻撃力は40まで強化可能。能力は自由で、付加値は20まで。エボリューション効果もつけられますし、武器に属性を付けることも可能です。

アイテムはどうなってる?

本編や外伝とは全くことなるアイテムを使用します。

真空書と真乱舞書の効力を併せ持ったものは修羅アイテムとして装備するのではなく、よろず屋にあるアイテムを購入することで同様の効果を得ることになります。白虎秘石や玄武秘石についても同様です。それ以外のアイテムの効力を持ったものとしては名馬鐙や各種玉、甲があります。

肉まんのインフレはどうなってる?

特に変更なし。どんどん高くなります。

死亡武将が消えるシステムはどうなった?

変更されました。体力が0になった味方は「死亡」ではなく「捕縛」となり、どこかに消えます。いずれまた会えるでしょう。

体力回復の手段は?

プレイヤーのみの体力をあげるには、ステージ中に最低一つはあると思われる肉まんを拾う、あるいは特殊アイテムを装備して戦闘開始から一定時間以内に多人数斬りをする、肉まん行商中の商人を救う、の三点が考えられます。

仲間の体力も回復させたいなら幽閉されている張角を救う、味方武将がランダムに招く名医に期待する、よろず屋で回復アイテムを購入する、村を襲撃して略奪する、民の肉まん差し入れを期待する、の五点が考えられます。よろず屋は最終手段ですが、お金をケチると味方が敗走するので名医イベントが発生しにくくなります。うまく考えましょう。

ボーナス鉄って何だ?

プレイヤーの武器を鍛えるのに必要な「鉄」はどんどんと蓄積されていきます。これを大量に持ち帰ると10%程度を「ボーナス鉄」として蓄積・保存。二週目以降はそのボーナス鉄を最初から持っていけます。ボーナス鉄は減りません。

味方武将は誰を連れて行けばいい?

「覚醒が使える+属性が炎である」の二点を所有している武将がオススメです。趙雲や夏侯惇、孫策などですね。エディット武将も参戦しますが、彼らの特殊能力はランダムに決まるのでどんどん味方に引き入れてみましょう。仲間は多いほうが有利です。

今作修羅の問題点は?

味方がすぐに敗走する点でしょうか。

エディットカスタマイズ

エディットって何

あらかじめ用意された基本2固体(男性・女性)に、声や体格や顔つきを当てはめることで自由にカスタマイズした仮想武将を作成するものです。仮想武将なので本編や外伝には出てきませんが、修羅モードに登場します。

エディットの4武器ってどうやって取るの?

1000人斬り後にクリアすれば取れます。彼らには固有ステージが無いのでどのステージでも結構です。

体型に何か意味はあるの?

攻撃の始動点が上下するので低空攻撃が得意な武将を作成したり象などの高いところにいる敵をなぐるのが得意な武将を作成したりできます。横幅はあまり気にしなくて良いです。

防具が少ない

立志モードで各種条件を満たすと増えていきます。増えた防具はエディットモードに入れば自由に付け替えられます。

俊足とか重量とかのシステムはどこに行ったの?

なくなりました。使用武器でマスクデータも決まります。大剣は重量、細剣はちょっと足の遅い標準。

得意属性はどうやって決まる?

得意属性自体が無いように感じます。まだ完全にそうと言いきれる自信はありませんが。

隠し要素は?

ありません。

前作との相違点

重い武器における耐性レベルの変更

武器重量が重い武器を使用した場合は、通常攻撃時の耐性レベルが飛躍的に上昇します。したがって、通常攻撃中に敵兵の攻撃を受けても構わず攻撃を継続できる場面が増えました。もっとも基本的な耐性値が低すぎる場合は耐性を抜かれます。

戦闘アルゴリズムの強化

前作、真・三国無双3→猛将伝の以降と同様、敵部隊の戦闘アルゴリズムが極めて凶暴化しています。多くの兵でプレイヤーを囲むように動き、攻撃は最後まで出し切るようになっただけでなく、上官と雑魚兵士が互いに攻撃の順番を決めているかのように連携コンボで受身が取れないように断続的に攻撃を仕掛けてきます。難易度修羅で一度空中に浮かされると、そのまま体力を全て持っていかれることも。

戦闘モーションの調整

一部の繋がりにくかった連携がきちんと繋がるようになったりと、若干ですが各武将間の戦闘力調整が行われています。また属性発動ポイントが増えた武将もおり、特に月英は氷玉の凍結率調整とあいまって飛躍的に強化されました。

絶影効果の縮小

絶影から違う馬に乗り換えると、落馬します(修羅モードのみ)。

エディット武将の登場

エディット武将が10人分登録できます。ただ音声に関しての選択権はほとんど無く、老将軍などの渋い武将は作成不能。無双3Empiresに比べると、少し物足りない台詞回しが多いように思います。老将に関しては黄忠の台詞との兼ね合いも合ったのかも。

エディット武将には無双モードが無いので固有シナリオを楽しむことはできません。ただ、どちらかというとエディット武将は立志、あるいは修羅向きなので割り切って使ってみてもいいかもしれません。

属性の仕様変更

炎属性と陽属性に大きな変更はありませんが、氷属性と陰属性は大幅に改善されています。

氷属性
氷使いには嬉しい仕様変更ですが、発動率が20%から50%以上(体感70〜80%)に上昇。氷矢というあらたな要素が生まれたので敵の放つ氷属性はかなり危険です。注意しましょう。
陰属性
発動率が30%から100%に上昇。無双ゲージ消費については変わらず割合消費。雑魚兵士に属性を発動した場合は体力を全て奪うため、無双ゲージは空になる。武将においては最大体力の16分の1を確実に奪うことができる。一対一に持ち込んだ時や玉璽を拾ったときに積極的に狙っていきたい。
レーダーマップ切り替えの設定

何かあるたび拡大縮小が勝手に切り替わることで不評だった拡大レーダーの動きを自分で設定できるようになりました。何か情報があれば全体表示→何も無ければ拡大表示を繰り返す自動モード。何か情報があれば全体表示に切り替わる半自動モード。切り替えが無い手動モードの三種があります。いちいち変えて欲しくない人は手動で固定しましょう。

旧音楽のリメイク

真・三国無双あるいは真・三国無双2のころの音楽が復活しました。サウンドテスト48以降から視聴可能。名曲として名高い黄巾の乱[YELLOW STORM]や、どこか物悲しさを漂わせる五丈原の戦い蜀[SACRED GROUND]などなど…。原曲そのものではありませんが、旧作をプレイしたことのある人ならおっと思わせる仕様です。

ただこれらの曲は本編では流れません。修羅モード時の各種イベントバトルで流れます。

This is Chinese GARDEN/created by SILVA& Graphics by 十五夜
Copyright(C)2005 KOEI Co.,Ltd. All Rights Reserved.