裏技、小技、豆知識

登用費用

一般武将
レベル1レベル2レベル3レベル4レベル5
通常費用24002800320036004000
全国捜索29003300370041004500
武将引抜39004300470051005500
人材募集20002000200020002000
指定引抜60006000600060006000
裏切工作20002000200020002000
汎用武将
レベル1レベル2レベル3レベル4レベル5
通常費用17001900210023002500
全国捜索22002400260028003000
武将引抜32003400360038004000
人材募集20002000200020002000
指定引抜60006000600060006000
裏切工作20002000200020002000

放逐武将の行方

戦闘で捕縛した武将を放逐した場合、原則放逐した(された)都市の在野武将になります。もっとも必ずしも再登用できるとはかぎらず、別勢力の政策「人材募集」や「全国一斉捜索」などで他勢力に仕官することもあります。必要だと思った武将は放逐せずに登用しましょう。同様に、敵勢力に捕縛された武将も敵勢力付近で在野武将となります。

なお放逐した武将がしばらく登場しないので死亡したと勘違いすることもあるかもしれませんが、武将が死亡するのは演義モードで開始した場合に発生する特殊戦闘の結果次第で、他の要因によって死亡する(=もう登場しなくなる)ことはありません。

在野武将の登用時期

プレイヤーが在野武将を登用する場合は、登用可能都市を占拠する以外にも登用可能時期まで待たなくてはならないという制約があります。孫策や典韋のように早い段階で出現する武将もいれば姜維や陸遜など終盤にならないと出てこない武将もいます。

これとは逆に、プレイヤーでないCPU君主が在野武将を登用する場合は、登用可能都市を占拠するだけで勢力に応じてランダムに登用できます。もっともあまりに登用時期が遅い武将を登用するのは無理のようですが、大喬や小喬・司馬懿のような中盤に登場する武将を5ターン目辺りで登用することもあります。うまく側近に組み込めれば董卓戦開始前ムービーに登場させることも可能です。

特殊士官イベント、縁故採用

曹操勢力の曹丕や袁紹勢力の息子達など、地縁血縁などなにかしらの縁故を伝って仕官してくる武将がいます。彼らが自勢力に仕官してくる条件は以下の三つ。

演義モードで始めたかどうか、あるいは支配地うんぬんは一切関係ありません。登用費用が不要なので是非利用しましょう。

縁故を伝って仕官してくる武将

旗揚げ時についてくる武将

仮想モードなら全ての武将。演義モードなら登場時期の早い武将が配下に加わります。

仮想モード
  • 典韋
  • 許褚
  • 周瑜
  • 孫策
  • 曹仁
  • 周泰
  • 干禁
  • 王朗
  • 郭図
  • 韓遂
  • 韓当
  • 顔良
  • 黄祖
  • 周昕
  • 朱治
  • 荀ケ
  • 蒋欽
  • 審配
  • 孫乾
  • 張繍
  • 陳宮
  • 程普
  • 文醜

敵君主の兵力を0にする方法

敵本国に攻め込んだ時に、敵君主が登場する前に撤退すると、敵君主の兵力が0になります。これは敵本国戦における敵君主が援軍扱いとなるためで、援軍扱いの武将が登場する前に撤退すると(援軍武将の部隊は戦闘開始時には兵力が0で計算されるので)結果的に兵力0のまま回復しない設定になっているからです。同様に援軍として登場する予定の武将がいれば、彼らの兵力も0になります。

ガードが困難な攻撃

ガード状態で防ぎきれないものです。真・三国無双2まではガード限界値が防御力に応じて設定されていましたが、無双3以降はガード限界値の概念が変わっており、難易度が高い場合などは(ガードクラッシュ攻撃かガード無視攻撃以外は)完全にガードしてきます。したがってこれらガード不可攻撃を折りまぜることで、強敵でも互角以上に戦えるようになります。

ガードクラッシュ

ガードをこじ開けるものです。ガード状態からよろめき(中)の状態にされます。半空中耐性となるので、さらに攻撃を受けると浮きます。

  • 呂布と張飛を除く名乗り
  • 馬上での名乗り
  • 諸葛亮チャージ3
  • 司馬懿ジャンプ攻撃
  • 乱舞剛書装着時の無双乱舞

以上5点。特に司馬懿のジャンプ攻撃は当てやすいので重宝します。

ガード無視

ガードできない攻撃です。ガード状態であっても構わずダメージを食らいます

  • カウンター
  • 牙突(周泰チャージ6-2)
  • 爆弾
  • 人間爆弾
  • 象による突撃
  • 烈属性(※烈による追加効果のみ)

受身が取れない攻撃

攻撃を受けているときに受身可能点(復帰点)でL1を押すと地面に落ちずに受身を取りますが、これが絶対にできない攻撃もあります。この状態で連続攻撃をさらに続けることも可能です。逆に、復帰点後は難易度に応じて高確率で受身を取られてしまいます。

放出系攻撃とは軍師系の武将のチャージ1攻撃のことで、地震系攻撃とは黄蓋チャージ6攻撃や呂布の名乗りなどです。

なお地上耐性でないエアコンボ中などは、チャージ5攻撃などでも受身が取れます。チャージドライブを決めたい人は敵が浮いていない時にチャージ5を当てて、すぐにドライブに移った方が良いかもしれません。

吹き飛ばし攻撃と人間爆弾

無双3で孫策と周瑜が二喬を救出するシナリオがありましたが、結構苦戦する人が多かった理由がこれ(人間爆弾)です。三国無双では体力のある人間が吹き飛んできた場合はダメージを受ける設定になってます。吹き飛んできた人間が味方か敵かはシリーズによっては変りますが。

無双3では敵の吹き飛ばしに巻き込まれると味方がダメージを受けるようになっています。そのときのダメージは攻撃者の攻撃力が大きく影響したので、大喬・小喬と攻撃者の間にいる敵兵を吹き飛ばして当ててしまったために大喬・小喬の体力が0になってクリアできないという事態に陥った人も多いかと思います。

当サイトではこの吹き飛んできた人間から受けるダメージが大きいので人間爆弾と呼んでいますが、無双3Empiresでもこのシステムは残ってます。たとえば太史慈のように攻撃範囲の狭い武将は乱戦には向かないと思われがちですが、むしろ太史慈は吹き飛ばし攻撃が多彩であり、この人間爆弾戦法を有効に使うことが可能といえます。

ガードしてても落雷攻撃

属性考察でもお話したとおり、雷属性による攻撃は一部ガード中でも(落雷が)ヒットすることがあります。この場合被雷効果による崩れ落ちは無いのですが、チャージ攻撃と同じくらいのダメージを直に与えることが可能です。

この効果を狙って出せるのであればもっとも強い属性効果は雷ということになるでしょうが、単純に属性攻撃を抜きにして考えた場合にガードを無視して攻撃が成功するケースもあるので必ずしも雷でなくてはならないというわけではなさそうです。雷属性が一番発生し易いようですが。

弓を構えて攻撃回避

デフォルトでR1を押すと間接攻撃モードに切り替わるというのはご存知かと思います。この時、プレイヤーの周囲に接近しすぎるなどで敵の攻撃が全くあたらなくなる空間ができます。この攻撃があたらない空間に敵を入れたまま放って置くと攻撃されません。

攻撃回避の一番の使いどころは一騎討ち。一騎討ちは特殊な空間における一対一の戦闘ですが、四方の柵まで移動し外側に向けて弓を構えると敵将を攻撃不能点に入れることができるため一切攻撃されないようになります。

なお通常の戦闘時であっても、弓を構えたまま下を向いたり上を向いたりすることで敵兵を攻撃不能スポットに入れてしまうことができます。

真・無双乱舞で属性発動

一部の武将は、真・無双乱舞時の攻撃に各種チャージ攻撃と同じように属性が付く場合があります。攻撃全体につく武将もいれ最後の一撃のみにつく武将もいます。目で見て確認したい場合は武器レベル10以上の時に雷玉と真乱舞書を装備して敵が集中してい場所で(真)無双乱舞を発動すれば分かるでしょう。

無双乱舞全てに属性が発動する武将

諸葛亮・司馬懿・ホウ統・張角・孟獲・祝融

最後の一撃のみ属性が発動する武将

呂布・董卓・曹仁

チャージラッシュではめる

単にチャージラッシュというと「□□△△△…」の攻撃のことを言います。△連打という意味でのラッシュなので他のラッシュと区別してチャージ3ラッシュとも言い、武器レベルによっては攻撃回数が増えるものです。これは真・三国無双3シリーズになってからの新モーションで採用されたものです。この場合最後の一撃による付加効果がモーションによって違います。真・三国無双2までは単なる気絶効果でしたが、真・三国無双3からは単にひるむだけのものもあります。

名乗りと同様にひるむ攻撃の場合、ひるんでいる敵将に攻撃を重ねると必ず浮いてしまいます。しかしこのひるんでいる状態から通常の戦闘態勢に戻るまでの最後の一瞬に「ひるんではいないが臨戦態勢に入っていない」状態が存在します。この時にタイミングよく攻撃を重ねると、敵はまだ防御態勢に入っていないので、さらに攻撃を続けることができます。

雷属性ではめつづける

チャージ攻撃で気絶してしまう場合でも雷属性ではめつづけることも可能です。システム変更が行われたのかどうかわかりませんが、前作までと比べて雷効果による浮かし効果が少し変わっています。真空書や神速符などを装備すれば落下中の敵将をすぐにひろっての永久コンボも容易になっています。

チャージラッシュの耐性ボーナス

以前まではチャージラッシュと言えども耐性を抜かれれば攻撃を中断されていました。ラッシュ自体に耐性が無い物が多く、ホウ統や姜維などラッシュ中に矢を受けたり攻撃を食らえばすぐにダウンする武将が多かったように思います。

今作「真・三国無双3Empires」ではシステム変更が行われ、チャージラッシュ時には通常のチャージ耐性以上の耐性が与えられるようになりました。従ってチャージラッシュ中に雑魚兵の攻撃を受けてもそのまま攻撃を続けることができる場面も増えています。鉄甲手の存在意義がどんどんとなくなっていきますが・・・。

モーション補正について

各攻撃にはそれぞれ特有の攻撃力計算が行われます。したがって、まったく攻撃力が同じはずの陸遜と周瑜であってもまったく同じようにダメージを与えられるわけではありません。たとえば甄姫は戦闘力自体は低いもののチャージ4時のモーション補正が大幅にかかるため、実際に与えるダメージは非常に大きなものとなります。

補正値の高い攻撃(一例)
  • 趙雲チャージ1
  • 甄姫チャージ4
  • 孫堅チャージ6
補正値の低い攻撃(一例)
  • 馬上攻撃
  • ジャンプチャージ
  • 諸葛亮と司馬懿のジャンプチャージ

他にもあるので色々探してください。弱いと思った武将が意外に強力なチャージ攻撃を所持しているかも?

コンボデメリット・エアコンボデメリット

HIT数を伸ばすと与えるダメージが減る現象コンボデメリットと呼びます。例えば馬超の馬上無双乱舞を玉璽を入手してから試してください。最初のうちは沢山減った体力が後半ではなかなか減らなくなります。これは戦国無双でも継承しているシステムです。

空中の敵に攻撃を仕掛けると与えるダメージが減る現象エアコンボデメリットと呼びます。無双乱舞などの説明時に「敵が浮くから勿体無い」とあると思いますが、これは敵が浮くことで折角のダメージが半減してしまって無双ゲージを消費した割に体力が削れなくて勿体無いという意味です。

たとえば夏侯惇の無双乱舞などのように敵が浮いてしまうものは通常の攻撃力で計算したダメージ量よりも少ないダメージしか与えられず、逆に劉備や孫堅の無双乱舞のように敵が浮かない攻撃は純粋な攻撃力+モーション補正で与えるダメージが算出されます。結局「浮かない」攻撃が多い武将のほうが「体力が削り易い≒強い」ということです。

もっとも凍結状態の敵は通常の攻撃では浮きませんから、必ず浮いてしまう攻撃をもった武将が凍結中の敵将に攻撃を仕掛けると大きなダメージを与えられます。また、Empiresではエアコンボデメリットの影響が少ない攻撃(夏侯惇の乱舞など)もあります。好きなほうを選んでください。

強敵を倒すには?

地上耐性が抜けない場合は復帰点無視の永久エアコンボが有効と思います。どうしても復帰点を越えてしまう場合は雷属性を一度はさんでおくと、以後の攻撃で正常にダウンを取るまでは受身が取れません※2のでそれを利用しても良いです。

具体的には

  1. 趙雲などの名乗りを頻繁に使う武将を連れて行ってガードを崩してもらう
  2. 孫策などの攻撃的な武将にコンボを任せて、自分は騎乗名乗りを連発する
  3. とにかく多人数で囲んで攻撃をガードさせている間に後方からダウン攻撃
  4. 雷属性を使用する武将を沢山連れて行って、みんなで落雷祭りを開催する

また、味方の戦闘アルゴリズムが高い場合は拠点兵でもかなりの戦力になります。利用しましょう。特に俊足武将などは間接シフト移動が驚異的に早いので、間接攻撃でターゲットを自分に移しながら勢力アライメントが青+2の地点まで敵将を誘い込むことも出来ます。

属性効果を利用しよう

属性効果を最大限利用できるようなコンボがあると非常に効率よく戦えます。ここでは管理人お気に入りの炎玉コンボを載せておきます。この他にも強力な組み合わせは多々ありますが、そこは好みの問題なので色々と探してみてください。

※雷効果継続中であっても「一部の吹き飛ばし攻撃を受けた直後に壁に当たる」などで復帰点を得られることを確認しました。永久コンボ時は吹き飛ばし攻撃を挟まないほうが良さそうです(2004年12月25日追記)

周瑜
  1. チャージ3ラッシュ(□□△△△△)で炎属性発動
  2. 通常三連(□□□)の途中止め
  3. チャージ3ラッシュ(□□△△△△)で最後の一撃が出た瞬間に無双奥義発動○
  4. 無双ゲージが切れるまで○押しっぱなしで超浮かし
  5. 落下地点に追いついてさらに□□△△△△
呂布
  1. チャージ3ラッシュ(□□△△△△)で炎属性発動
  2. 通常三連(□□□)の途中止め(※難しそうなら飛ばしても良い)
  3. チャージ6ラッシュ(□□□□□△△)で最後の一撃が出た瞬間に無双奥義発動○
  4. 無双ゲージが切れるまで○押しっぱなし

同盟効果で財政を潤す

同盟国の共闘戦(※侵攻戦)は最低でも金2000、最高で金5000入手できます。また通常CPUは「有利である」と判断しない限りは滅多に攻撃を仕掛けませんから、プレイヤーが参戦することで非常に有利な条件で戦闘に参加できることになります。さらには戦っている兵士は同盟勢力の武将がほとんどなので、わざわざ救援しなくても(こちらの兵力が損なわれるわけではないから)大して実害が無いというおまけつき。積極的に同盟を利用し、共同戦に参加しましょう。

なお防衛戦は侵攻戦に比べてもらえる報酬は低めです。その代わり最悪でも15分耐えるだけでも勝利できる点や、いきなり敵総大将を撃破するスピードプレイも可能などのメリットがあります。

This is Chinese GARDEN/ created by SILVA & Graphics by 十五夜
Copyright(C)2003-2005 KOEI Co.,Ltd. All Rights Reserved.