対モンスター攻略

全ての攻撃を避けきるというのが対モンスター攻略の基本です。ここではゲーム中に登場するモンスターとの戦い方を書いておきます。ロッドは特設ページがあるのでロッドとバトルを見て下さい。

最終更新
2005年10月26日

ボスキャラ

ブラッド・スモーキー

チンピラ兄弟。かならず二人一組で攻撃を仕掛け、どちらかが倒れると逃げ出します。従って両方に攻撃を仕掛けるのではなく片方は牽制のみにつとめ、一点集中でもう片方のみを倒しましょう。

メッタ切り
剣を振り回しながら突撃。勢いがあるので間合いを詰められがち。
攻略法

ミントは貫通力の無い攻撃(バルカンなど)で足止めをしつつMPが切れたらジャンプキックで補充→魔法。ルウは横切りなどのダウン攻撃をメインに戦いましょう。

ナイトメア

巨大馬モンスターで魔道師のアトリエの門番をしています。打撃に対する耐性が高いので打撃以外の攻撃を与えましょう。足が速く、接近すると突き上げ。遠くからスタンプ(踏みつけ)をしてきます。

チャージ
プレイヤーよりも早い速度で突進してきます。捕まると放り投げられます。
スタンプ
チャージの時よりも短い走行距離で歩き始めたらスタンプの合図。数秒後にプレイヤーがいる場所まで一気に跳躍して踏みつけます。反撃のチャンス。
攻略法

攻撃パターンは突進→スタンプ→突進→スタンプの繰り返し。突進では数秒間プレイヤーを追いかけて来ますが、こちらよりも足が速いのである程度の距離が無いと捕まります。突進前から距離を稼いでおいて、突進が完了したら攻撃→スタンプに備える→逃げる→……の繰り返しで戦います。

スカルビースト

骨のモンスターで、地下迷宮アトリエのガーディアンをしています。通常の状態ではダメージを与えることができないので、疲れて休憩している(白く光っている)時に攻撃してください。

ブレス
扇状の火炎攻撃。攻撃範囲が広いので垂直ジャンプで飛び越す
スタンプ
足場を順順に飛び移りつつ攻撃。序盤は単純に移動するが、二戦目以降はランダムで飛ぶ。
小休憩
疲れるとその場にじっとして動かなくなる。攻撃のチャンス
ベル(地下迷宮のアトリエ)

ミント編でのみ戦えます。サークル魔法で攻撃と防御を同時にこなし、直接攻撃も仕掛けてきます。長期戦になると厄介なので一気呵成に攻撃しましょう。

デューク(地下迷宮のアトリエ)

ルウ編でのみ戦えます。間接攻撃が縦長なので左右に避けてジャンプ斬り。あまり接近しすぎると反撃されますのでほどほどに。

ベルとヘクサゴン(ガルムの里)

ガルムの里入口で攻撃を仕掛けてきます。空中に浮いているので通常の攻撃が届きません。

攻略法

Y軸方向の攻撃をなんとか当てるか、ヘクサゴンの地震攻撃で浮いた地板の上に乗って高さの差を克服してから魔法攻撃を仕掛けましょう。地上からの攻撃はなかなか当てにくいです。

クラウドホエール

ガルムの里の奥にいる鯨のガーディアンです。ミント編でのみ戦うことができます。通常の状態ではダメージを与えることができないので、口をあけたときに口の中の光っている部分に攻撃を当てるか、連続スパークの時に光っている角を狙って攻撃します。光っていない場所に攻撃を当ててもダメージは与えられません。

攻略法

津波をジャンプで避けつつ隙が出るまで待ちます。吸い込み攻撃になるか津波攻撃になるかは全てランダムなので、攻撃可能ポイントを見つけたらすぐに攻撃態勢に入れるようにしましょう。左右の吸い込み時は口を開けたときにフレアかグラビトンを設置して走って逃げ、吸い込みが終わりそうなら早めにアローの詠唱を開始して口が閉じきる前に叩き込む。正面からの連続水柱攻撃時はジャンプキックで攻撃可能です。

アシュラキマイラ

悪霊のモンスターでゴーストテンプルのガーディアンをしています。ルウ編でのみ戦うことができます。一回目、二回目、三回目と攻撃手段が色々違うのでうまく戦ってください。

突進攻撃
ものすごい勢いで接近。阿修羅の進行方向と水平になるように横周りに移動して避ける
振り回し
素早く剣を振り回す。射程が割と広いので正面には立たないこと
連続落雷
暗転後、ランダムで次々と落雷。避けにくいので走り回って逃げる
火炎放射
簡単なブレス。二戦目で使用する
火炎放射2
難儀なブレス。三戦目で使用する
本体出現
顔から本体が出ると攻撃的になる。その代わり防御レベルが落ちるので大ダメージが狙える+中以上のダウン攻撃でダウンが取れるようになる
攻略法

顔が二つあるときは防御力が非常に高いので様子見。胸から本隊の顔が出てきたら背中に回って一気に斬りまくれば大ダメージを与えられます。本隊が出ている場合のみ横切りによるダウンも取れます。背後に回ってサクっと斬ってあげましょう。

デューク(ゴーストテンプル)

最後のアシュラキマイラを簡単に倒すくらいの強敵です。接近すると連続拳、離れると衝撃波で攻撃するなど攻撃方法が多彩。しかも無敵時間も多いので隙を見て攻撃しないと倒せません。

連続拳
ダウンなしの連続パンチ。強い。
衝撃波
広範囲攻撃。ジャンプで避ける。
アッパー
こっちも強い。
攻略法

チャージ攻撃中は攻撃しても意味がないので、デュークが攻撃した後に斬り付けましょう。

ウィーラーフ

火炎、突進、首薙ぎ、突風の四種類の攻撃を仕掛けてきます。空中にいる間は攻撃が届かないので、唯一地に足がついている首薙ぎ中に数回攻撃を叩き込みましょう。火炎放射は離れて避けれます。突風の罠は隅っこにいれば当たりません。ダイブも横によければかわせます。

火炎
上空から十字放射。火柱が残るので当たらないように
突進
画面中央からダイブ。左右によければ当たりません
首薙ぎ
地上に降りて首で攻撃。反撃のチャンス。
突風
竜巻グルグル攻撃。端っこに待機していれば当たりません
ゴロタン

雷猫のモンスターでメルのアトリエにいます。体力と攻撃力が高く、避けにくい攻撃(ボルト)があるので注意して戦いましょう。通常の状態では星がゴロタンを守っています。星に守られながらボルト(一点落雷)やスパーク(追撃雷)を駆使して攻撃。これはある程度離れながら常に移動とジャンプを組み合わせて避けます。止まっているといくらでも当たります。

トライン
移動しつつ当たる前にジャンプでかわします
ボルト
瞬間的なので見切るのは大変ですが、走り回っていればあたりません
回転星
ジャンプして飛び越せば当たりません。懐に飛び込んでグラビトンでOK
攻略法

攻撃を避けまくっていると、ゴロタンが痺れを切らして星を攻撃耐性に入らせます。この時に飛んできた星を飛び越して懐に飛び込んで数回攻撃し、にゃーにゃーと痛がったらまた距離を置いて様子見のヒットアンドアウェイが有効。にゃーにゃー言ってる時に調子に乗って攻撃を叩き込みつづけると落雷の反撃を食らいます。ただミントの場合は懐に飛び込まなくても、中距離射程からのグラビトン連発で勝てます。

スターライトデューク

気ぐるみアーマーで武装したデュークです。なぜか通常の状態ではダメージを与えることができないので、目を回したり躓いた時に背中のファスナーを攻撃すればダメージを与えられます

よた歩き
ただ歩いているだけ。ダメージ無効。
回転攻撃
くるくる回りながら飛行攻撃。避けてどこかにぶつける
ローリング
次々とプレイヤーの方向に軌道修正しながらの突撃。ジャンプで避ける
気絶
歩いている時につまづいたり攻撃中にひっくり返った時が攻撃のチャンス
すたぁぁぁ
体力が0になったら天高く舞い上がって超高範囲の地震攻撃。ジャンプで避ける。
攻略法

よたよた歩いてる時に攻撃してMPを稼ぐのも良策。回転攻撃を始めたらジャンプで上手くかわして、ダウンしたら一番強力な一撃を当てましょう。すぐに立ち上がるので複数回の攻撃は無意味です。最後の一撃はジャンプでかわしましょう。防御力に関係なく20のダメージを受けてしまいます。

トラップマスター

髪型がハリーっぽい人。特殊空間に引き入れて爆発板や鉄球召還などを駆使して攻撃してきます。隣の板からジャンプ斬りするなり黒魔法+パワーの「グラビトン」を連発してれば勝てます。激弱。

爆発板
光る板に乗ると爆発。空いてるとこを選んで飛び乗る
鉄球落下
トラップマスターの間接攻撃。影が見えたら避ければ良い
方向転換
マップの前後左右を強制的に変更。惑わされないように
一斉爆破
数枚の板を一斉に爆発させます。逃げましょう
サイコマスター

マスターの筆頭。教会などで戦えます。前面からの攻撃(あるいは接触)に対しては完全にカウンターを取るのでNG。これは間接攻撃でも同じです。背面から攻撃すればダメージを与えられます。

瞬間移動
ランダムで消滅→出現。
火炎陣
180度水平方向の攻撃。垂直ジャンプでかわして攻撃
氷結弾
目の前に氷の矢を発動。後ろに回りこむチャンス
浮遊移動
両手を広げて急接近。走って逃げる
絶対領域
サイコマスターに攻撃があたった時にサイコマスターの方向にプレイヤーがいた場合に発動する。全ての攻撃を無効化+吸い込み→反撃。単に接近しただけでも発動するので厄介。
攻略法

火炎放射や氷結魔法時などを狙って背後に回って攻撃します。また瞬間移動完了後の若干の隙を狙って背後に回るのも良いです。

モードマスター:マヤ(マヤの塔)

ミント編でのみ戦えます。カボチャ光線や間接魔法、あるいはカボチャ召還を駆使して攻撃してきます。万一カボチャ光線でカボチャになってしまった場合は反撃できないので逃げてください。

光線
間接攻撃です。直線的なのでかわすのは簡単。
南瓜召喚
最大3体までパンプキンを召喚します。
南瓜光線
同じ場所にいるとカボチャ光線を食らいます。当たるとカボチャにされます。
妹蹴り
カボチャになっている間はサッカーボールの如く蹴られます。逃げてください。
攻略法

白魔法+サークルの「サテライト」を唱え、走って接近。モードマスター:マヤは接近すると離れようとしますので、その他の攻撃手段ではなかなか攻撃を当てることができません。

モードマスター:ルウ(怒りの山)

ルウ編でのみ戦えます。ルウと同様に様々なモンスターに変身して攻撃してきます。ルウなどの戦闘力の高い姿の時は様子見をし、ドドンゴなどの隙のある姿に変身したら攻撃をしかけましょう。

アタナシウス

マヤが所持するブラックオブコスモスの本体。顔だけのお爺ちゃんモンスターで、ルウ編でのみ戦えます。覚醒モードで戦闘開始になりますが、覚醒ルウの戦闘力はずば抜けているので楽勝のはず。間接攻撃はわざわざ避けなくても「ガード」で防ぐことが出来ます。

ドールマスター(聖域)

ミント編でのみ戦えます。間接攻撃に注意しながらジャンプキックを繰り返せばオッケー。攻撃魔法を仕掛けても良いですが、体力回復のためにもMPは温存しておきましょう。唯一大ダメージを受ける「黒おたま」はバルカンで打ち落とすと安全です。ルウ編に比べるとビックリするくらい弱い。

光の波動
直線攻撃です。ジャンプでかわしましょう。
暗黒雷
間接攻撃。割合ダメージではないのであまり痛くないかも?
爆風
暗黒雷による吸引とは全く逆で一気に吹き飛ばされます。ダメージなし。
おたま爆弾
触れると爆発+大ダメージ。間接攻撃で倒しましょう。
ルシアン(聖域)

ルウ編でのみ戦えます。完全無敵の超ガードに防御無視の「死の右手」が強力。通常時にこちらから攻撃を当てるとほぼ間違いなく「超ガード」で防いできます。この「超ガード」から100%に近い確率で「死の右手」に移行するので、攻撃をわざとガードさせてから「死の右手」を誘発して反撃するのが一番安全です。

暗黒雷
間接攻撃。割合ダメージではないのであまり痛くないかも?
光の玉
吸引されるのでジャンプするとハマる。走って逃げること。
よこ薙ぎ
接近攻撃。接近しなければ大丈夫。
死の右手
闇属性+ガード不能の割合ダメージ。射程外まで離れるか、手前・奥に避ける。
超ガード
ガード中は完全無敵。すぐに「魔の右手」に移行するので気をつける。それを逆手にとって反撃も可能。
攻略法

吸い込まれるとやっかいなので下手にジャンプせずに距離を置きましょう。一旦吸い込まれるとそのまま体力がなくなるまで無限コンボをしかけてくることもあります。

ある程度距離を置くと「死の右手」で一気に間合いを詰めてきますが、これは左右ではなく前後(奥や手前)に移動すればかわせます。背中に回りこんで斬りつけましょう。変身はしないほうがいいかも。

ヴァレン:クレア

ルウ編でのみ戦えます。ヴァレンの本体自体は攻撃を仕掛けてきませんが、時折攻撃可能地点に来る以外は中央に避難していますので、動きを良く見て攻撃可能地点に先回りしましょう。黄昏の霧(黒い怪物)は連続スタンプと回転斬りを使って攻撃してきます。どちらもジャンプでかわせます。

攻略法

攻撃可能点に来たらジャンプ斬り。あるいは避難中であってもジンに変身すれば突風などが届くことがあります。HPやMPが足りなくなったら黄昏の霧を攻撃して回復しましょう。

ヴァレン:ルウ

ミント編でのみ戦えます。細かい注意点はヴァレン:クレアと同じです。

攻略法

攻撃可能点に来たらジャンプキック。あるいは避難中であってもある程度接近しているならアイシクルなどでも攻撃できます。(おそろしく当てにくいですが。)

デュープリズム

ヴァレンの精神体がデュープリズムと同化した魔物です。通常の状態ではダメージを与えることができないので、「一筋の光」終了で真っ赤になった時に攻撃すればダメージを与えられます。

地を這う
潰されない限りは大丈夫。ジャンプでかわしながらなんとか逃げましょう
浮遊追撃
捕まると投げられます。左右のレーザーは真中にいれば当たりません。
吸引捕獲
六方向弾を放ちながら吸い込みます。吸い込まれてしまった場合はガード。
一筋の光
攻撃しながら真っ赤になる時があります。この瞬間のみ攻撃を受け付けるので、ルウなら光攻撃をガードで耐えつつ攻撃終了と同時にジャンプ斬り、ミントなら光攻撃を黄金の魔法で受け止めつつ攻撃終了と当時に解放で大ダメージを与えます。
攻略法

ルウでもミントでも通常時は逃げ回ることが大事。時折回復アイテムが出るので忘れずに拾っておきましょう。吸い込み時にジャンプするとあっという間に吸い込まれるので走って逃げます。

This is Chinese GARDEN/created by SILVA & Graphics by Egg*Station
Copyright(C)1999-2005 SQUARE-ENIX Co.,Ltd. All Rights Reserved