東アジアの歴史と、その素晴らしい成功の数々

おすすめの投稿

アジアは世界最大の大陸であり、その人口は世界の60%を占めています。よって、アジアが今日世界最大のギャンブル市場の一つであることは当然と言えるでしょう。しかし、アジア、特に日本を含む東アジアと東南アジアは長い歴史を持つ大陸でもあります。

では、これらの長い歴史を持つ国では、ギャンブルはどのように扱われており、どういったギャンブラーがいるのでしょうか?まずは、故郷である日本から見ていきましょう。

日本の厳しいギャンブル禁止政策

日本は概ね安全で自由な国ですが、ギャンブルのような特定の事柄には厳しい規制を敷いています。ある種のギャンブルは娯楽として許可されていますが、オンラインギャンブルなどは認められていません。全体的に、日本ではギャンブルは厳しく管理、制限されています。宝くじ、一部のスポーツくじ、スクラッチカードは合法です。しかし、政府は国民が海外のギャンブルサイトにアクセスすることを禁止することはできず(例え規制があっても)、スポーツベッティングやギャンブルはとても人気があります。ライブスポーツ、ポーカー、フィックスドオッズベッティングなどの賭け行為は通常、海外のサイトを通して行われています。

中国におけるギャンブル

中国には多くのギャンブル好きがおり、宝くじやスポーツマーケット、スロットマシンなど、さまざまな形のギャンブルを楽しんでいます。そのうちいくつかは、許可されていないサイトで行われる違法なギャンブルです。スポーツベッティングの場合、チャイニーズ・スポーツ・ロッタリーが独占しています。その人気にかかわらず、中国ではオンラインギャンブルは違法となっており、しばしば運営者や業者が当局に逮捕されることも。中国においてオンラインでギャンブルをしたい人々は通常、ライブカジノゲームのほか、試合前または試合中のベットができるスポーツベッティングで、国際的に認知されたサイトを選んでいます。

ギャンブル天国、マカオ

中国の南海岸に位置する特別行政区であるマカオは、巨大カジノやモールの存在で知られています。中国人ギャンブラーの間で非常に人気があり、現地を訪れた人々は完全に合法なカジノやスポーツ賭けに興じることができます。マカオは独立しているため、独自の法律と政府がありますが、オンラインギャンブルは認められておらず、オンラインゲームの運営業者にライセンスは与えられていません。

香港におけるギャンブル

香港ではいくつかのギャンブルが公認されていますが、香港ジョッキークラブにより管理されており、政府がスポンサーになる必要があります。これには、サッカーくじ、競馬、宝くじが含まれています。

麻雀も許可されているものの、ポーカーはまだ闇での行為となっています。香港においては多くのギャンブルが違法とされており、違反者は厳しい処罰の対象となります。よって、香港の人たちは通常、マカオまで行って自由にギャンブルを楽しむのを好むようです。

ギャンブルが違法なシンガポール

シンガポールには、世界でも最も厳しいギャンブル禁止法があります。国内ではあらゆるギャンブルが違法であり、オフショアのギャンブルサイトですら、定期的にブロックされています。シンガポールでは、認可されていないギャンブルサイトの利用は違法です。シンガポール人にとって、合法かつ安全にギャンブルを楽しむには、国外に移動するしかありません。

大陸の規模を考えると、アジアにギャンブラーが多いのは当然のことです。しかし、ギャンブル関連の法律や規制は厳しく、地域によって大きく異なります。これらの法律や規制が緩和された場合、アジアはあっという間に世界最大のギャンブル市場になるでしょう。

しかし今のところ、多くのアジアの人々は、我慢強く辛抱しなければなりません。現在、あらゆるギャンブルを許可する国もあれば、厳しい規制を設けている国、完全に禁止している国もあります。今後、状況がどのように変わっていくか見守りつつ、アジアの人々、特に東アジア、東南アジア地域の人々が自由にギャンブルを楽しめるようになることを期待しましょう。